ボードゲーム
作品「あやかし草子」


※画像クリックで拡大&他画像表示

4月上旬

コンペ

プレゼンと社内コンペ

はじめに、現在のアナログゲーム市場を調査し、どんなゲームを制作していくかの方向性を決定していきます。

基本的には、プレイ時間が30分以内で終わるような小規模で、海外展開も視野に入れたカードゲームの制作を目指します。

その後、プランナーを中心に企画書と簡単な試作用のゲームをいくつか持ち寄り、社内でコンペが開かれます。



決定の評価基準は

・ゲームのおもしろさ

・海外でも展開できるかどうか

・制作コスト

この3つのバランスで次のステップに進めるかどうかが決定します。

4月中旬

カード作り

プロトタイプ制作

4月の目標は、毎年5月に開催されるゲームマーケット春」での試作品完成に向けて、日々ゲームの質を向上していくことです。

  

試遊をしてルールが変更されると、その分だけカードの枚数の調整が必要となり、その度にカードを切り出したりして作り直します。

4月下旬

社内での試遊

社内での試遊

ゲーム制作で最も大切なことは、何度も試遊をして システムをブラッシュアップさせていくことです。

新しいシステムを取り入れるたびに、社内で試遊する時間を設けます。

遊び終えたら、全員で「改善して面白くなったところ」や 「もっと改善するべきところ」を明確にし、制作者に伝えます。


基本的に試作の段階では制作者はひとりでゲームのルールを考えますが、
試遊する人を集めることも重要なポイントとなります。

5月上旬

ゲームマーケット2014春

「ゲームマーケット春」での試遊

「ゲームマーケット」では、ゲームの試作品を来場者の方に遊んでいただき、簡単なアンケートを実施します。

・ゲームのおもしろさ

・プレイ時間の長さ

・ゲームの難易度

・外見のデザイン

・独創性

・希望価格

このデータを集計し社内でシェアすることで、ユーザーの反応を知ることができ、
目指すべき方向性を再確認することができます。

5月上旬

ボードゲーム試遊会への参加

ボードゲーム試遊会への参加

「ゲームマーケット春」で行ったアンケートの結果を踏まえてゲームバランスを調整します。
また、ボードゲーム試遊会に参加して調整したゲームを社外の方に遊んでいただくことで、
より細かな部分の問題点や改善点を見つけることができます。
この工程を繰り返すことで、ゲームの完成度を高めます。

7月上旬

デザインの着色

デザインの着手

ゲーム性が決まったら、次は印刷のためのデザインを制作します。
・カードのデザイン
・パッケージのデザイン
・説明書のデザイン
これらのデザインを社内で協議し「視認性は良いか」「ルールの説明はわかり易いか」などをチェックしてブラッシュアップします。

11月上旬

完成品到着

完成品到着

ついに完成品が到着し、最後のチェックをします。
落丁や欠品だけでなく、様々なゲームの局面を再現し、裁定なども再確認します。
問題なければ袋詰めを行い、個数を確認して大切に保管します。

11月下旬

GM秋参加

ゲームマーケット秋参加

11月22日(日)に行われたゲームマーケットにて、商品を販売いたしました。
当日は多くの方にお越しいただき、スタッフがルールを説明しながら
お客様にゲームを楽しんでいただくことができました。

ここでいただいたお客様からの生の声は、終了後に社内の反省会にてまとめ、
次回作の制作や、再販時における貴重なご意見となります。

←戻る